大阪⇔東京のおすすめ夜行バス

大阪⇔東京のおすすめ夜行バス ミルキーウェイエクスプレス

就職期間中に何度も夜行バスに乗った中で、最も快適であった夜行バスを紹介しようと思います。

 

 

それは、「ミルキーウェイエクスプレス」という夜行バスです。このバスは、梅田・京都から東京駅・大宮間を結ぶ夜行バスです。

 

 

この夜行バスが他社よりも良いと思ったメリットは以下の3つです。

 

@各席にUSBジャックが付いている
Aフットレスト付きのゆったりシート
B値段の安さ

 

 

この3つを兼ね備えている夜行バスは、おそらくこの会社のみであると思います。
それでは1つずつ紹介していこうと思います。

 

 

各席にUSBジャックが付いている

スマートフォンが欠かせない現在の生活において、この機能があることはとても助かりました。
私は、就活期間中に活用していたこともあり、面接に関する電話やメールが届くことがあったので、スマートフォンの充電が100%の状態で目的地に到着できることは非常に助かりました。

 

 

フットレスト付きのゆったりシート

夜行バスでは、なかなか寝付けないことが多く、疲労感を抱えたまま目的地に到着するという経験はありませんか?

 

 

この夜行バスであれば、通常の夜行バスよりも約1.5倍の座席間隔であるので、ゆったりと座ることができました。私は、身長が182cmあるのですが、この体格であっても余裕を持って座ることができました。
夜行バスに乗って、目的地に着いてからそのまま面接会場に向かうということも多々ありましたが、このゆったりしたシートのおかげもあり、十分な睡眠を確保したうえで面接に臨むことができました。

 

値段の安さ

たしかに、USBジャック・ゆったりシートという組み合わせを兼ね備えている夜行バスは多いですが、値段が高いことが多くありませんか?
この夜行バスには、その心配がありません。

 

 

私は今年の5月と6月に、特にこの夜行バスを利用したのですが、平日であれば2000円から3000円以内で乗ることができました。休日であれば4000円から5000円以内で乗ることができました。
ただし、夏休みや冬休みなどの繁忙期には、6000円から7000円程度の値段になることもあるので注意して下さい。

 

 

たしかに、時期にもよりますがUSBジャック・ゆったりシートを兼ね備えたうえで、この値段で乗ることができる夜行バスはなかなか無いのではないかと思います。

 

 

いかがでしたでしょうか?
私は、就活期間中に様々な会社の夜行バスに乗りましたが、この会社の夜行バスが最も良かったと思う理由は以上の3点です。

 

 

ちなみに、このタイプの夜行バスは、大阪東京間以外にも、東京名古屋間・東京仙台間でも運行されているみたいです。

 

 

ぜひ1度利用してみて下さい。